美容整形を受ける前に基礎知識を得ておこう

サイトメニュー

薬剤の効果

注射器

安全性が高い理由とその作用機序

ボトックス治療は副作用の心配がない事で有名ですが、その副作用がないと言われる背景には薬剤であるボツリヌストキシンの歴史が関係しています。ボトックス治療として世に広く知られる様になったのは美容医療に転用されてからです。転用される前から脳梗塞後遺症の治療や痙攣等の治療にボツリヌストキシンは使用されており、現在も使用されています。ボツリヌストキシンはボツリヌス菌から抽出した天然のたんぱく質で、その神経毒を応用して医療現場で活かされていました。臨床現場で長く活用されており、臨床データも豊富で副作用がない事が確立しています。人体に及ぼす影響や投与する量についても安全基準が確立されており、世界中でも副作用の報告がない事から安全性の高い薬剤である事がわかっています。安全基準について日本は厳しい国ですが、厚生労働省もその安全性について認めている程です。世界各国で実績があり、厚生労働省も認め、そして医療現場でも長年使用し続けられている事が、安全性の裏付けとなっています。

ボトックス治療は様々な美容上の悩みを解消する事ができますが、万能薬ではなく性質上筋肉が原因で起こるトラブルを解消できます。治療内容は注射器でボツリヌストキシンを指定した部位の筋肉に注入するだけです。注射器の針も非常に細く、注射跡が残ったり腫れたりする副作用はほとんどありません。注入する事で脳から筋肉への伝達物質を遮断され、筋肉の過緊張が緩和されます。それにより過度な筋肉の活動が抑えられるので、動く事でできるしわ等改善できます。また筋肉は使用を控えると小さくなるので、それにより筋肉太りの解消等ができます。筋肉は食事や移動等日常生活を営む上で欠かせない存在ですが、この治療によって活動を控えさせる範囲は、日常生活に支障がない程度ですので生活に不具合が生じる副作用もありません。ボトックス治療は美容医療を扱い、そして自由診療を扱っている医療機関で受ける事ができます。美容整形外科や美容クリニック等で受ける事ができ、医師が施術を行います。最初は医師と面談し、状態や希望を把握してもらう事から始まります。治療後のアフターケアもしっかりしており、違和感ある際は相談できますし、効果が薄い際の再治療費は無料です。